/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2020/11/18 10:39

下落、ハンセンは35ポイント安 無料記事

ハンセン指数      26380.38  -34.71 -0.13%
中国本土株指数(旧H株指数) 10536.79 -13.41 -0.13%
レッドチップ指数 3876.03 +5.03 +0.13%

 18日の香港マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標のハンセン指数が3日ぶりに反落している。米中対立の激化が警戒される流れ。米メディアは17日、「米証券取引委員会(SEC)は米上場の中国企業に対する新規制案を検討している」と報じた。報道によれば、米当局の監督下にある監査法人が中国企業を監査し、米国の基準に準拠しない場合は上場廃止の可能性もあるという。トランプ政権はこのところ、新政権移行を前に対中圧力を一段と強めている。
 主要銘柄の値下がり率は、HSBC(5/HK)が1.3%、万洲国際(WHグループ:288/HK)が0.9%、中電HD(CLPホールディングス:2/HK)が0.9%、中国建設銀行(チャイナ・コンストラクション・バンク:939/HK)が0.8%、小米集団(シャオミ・コーポレーション:1810/HK)が0.8%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース