/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/02/05 13:32

香港前場:ハンセン0.5%高で反発、上海総合も0.5%上昇 無料記事

 5日前場の香港マーケットは値上がり。主要52銘柄で構成されるハンセン指数が前日比152.45ポイント(0.52%)高の29265.95ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が18.90ポイント(0.16%)高の11582.40ポイントとそろって反発した。半日の売買代金は1435億8100万香港ドルとなっている(4日の前場は1363億4200万香港ドル)。
 内外環境の改善が支えとなる流れ。米労働指標が上振れる中、昨夜の米株が続伸したことを好感した。中国の短期金利が再び低下したこともプラス。午前に公表された人民元建て上海銀行間取引金利(SHIBOR)の翌日物は、前日の2.075%から1.909%に下げている。先月29日には、3.282%に急上昇していた。ただ、上値は重い。春節(旧正月)の大型連休(11〜14日)が来週始まることもあり、積極的な買いが手控えられている。本土マネーの流入鈍化も懸念材料。中国本土・香港間の相互取引スキームを通じた4日の売買では、香港株の買い越し額が今年最低水準に細った。(亜州リサーチ編集部)
 マカオのカジノ関連に買いが先行。澳門博彩HD(SJMホールディングス:880/HK)が7.6%高、銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント:27/HK)が5.7%高、永利澳門(ウィン・マカオ:1128/HK)が5.4%高、金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が3.0%高、美高梅中国HD(MGMチャイナ・ホールディングス:2282/HK)が2.7%高と値を上げた。マカオ政府が昨年購入契約した新型コロナワクチンの第1弾、10万剤が本日到着。医療関係者や税関関係者のほか、カジノ関係者も優先接種することができる。
 「巣ごもり消費」関連も急伸。オンラインゲームでは、心動(XD:2400/HK)が14.6%高、IGG(799/HK)が6.3%高、金山軟件(キングソフト:3888/HK)が4.2%高と上昇し、そろって上場来高値を更新した。また、ショート動画投稿アプリ「快手(クアイショウ)」を展開する快手科技(クアイショウ・テクノロジー:1024/HK)が本日新規上場。前引けで公募価格比164.5%高の304.20香港ドルと急騰した。
 スポーツ用品や酒造の消費関連もしっかり。李寧(リーニン:2331/HK)が5.7%高、安踏体育用品(2020/HK)が2.7%高、華潤ビールHD(291/HK)が2.7%高、青島ビール(168/HK)が1.6%高で前場取引を終えた。
 半面、非鉄やレアアースの銘柄群は安い。江西カン鋒リ業(ガンフェン・リチウム:1772/HK)と中国稀土HD(チャイナ・レア・アース:769/HK)がそろって4.6%、洛陽モリブデン集団(3993/HK)が4.4%、五鉱資源(1208/HK)と江西銅業(358/HK)がそろって2.1%ずつ下落した。
 一方、本土マーケットは3日ぶり反発。主要指標の上海総合指数は、前日比0.46%高の3518.09ポイントで前場の取引を終了した。銀行株が上げを主導する。医薬品株、食品飲料株、小売株、空運株、不動産株、保険株、ハイテク株の一角なども買われた。半面、素材株は安い。自動車株、証券株、石炭株も売られた。



内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース