/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2020/11/18 10:58

本土株:上海総合は0.2%高で反発、深センB株も0.2%高 無料記事

 18日の本土マーケットは値上がり。日本時間の午前10時37分現在、主要指標の上海総合指数は前日比5.81ポイント(0.17%)高の3345.70ポイントと反発している。外貨建てB株相場もしっかり。上海B株指数が0.42ポイント(0.17%)高の251.55ポイント、深センB株指数が2.35ポイント(0.24%)高の972.76ポイントで推移している。
 売り先行後に買われる流れ。米中対立の激化が懸念されるものの、中国景気の持ち直しや経済政策に対する期待感が相場を支えている。
 主要銘柄の値上がり率は、興業銀行(601166/SH)が3.1%、中信建投証券(601066/SH)が2.2%、中国平安保険(601318/SH)が2.0%、江蘇恒瑞医薬(600276/SH)が1.8%、中国旅遊集団中免(601888/SH)が1.2%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース