/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2020/11/16 10:57

本土株:上海総合は0.2%高で5日ぶり反発、深センB株は0.5%高 無料記事

 週明け16日の本土マーケットは値上がり。日本時間の午前10時43分現在、主要指標の上海総合指数は前日比7.91ポイント(0.24%)高の3318.02ポイントと5日ぶりに反発している。外貨建てB株相場もしっかり。上海B株指数が0.82ポイント(0.33%)高の250.14ポイント、深センB株指数が4.66ポイント(0.49%)高の957.60ポイントで推移している。
 前週末の米株高が追い風となっているほか、足元で4日続伸していた後とあり、ひとまず買い戻す動きが優勢となっている。ただ、中国経済指標の発表を控えて積極的に買い進む動きは見られない。
 主要銘柄の値上がり率は、紫金鉱業集団(601899/SH)が4.2%、洛陽欒川モリブデン集団(603993/SH)が2.1%、上海復星医薬集団(600196/SH)が1.3%、中国平安保険(601318/SH)が1.1%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース