/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2022/01/12 10:48

上昇、ハンセンは411ポイント高 無料記事

ハンセン指数          24150.55 +411.49 +1.73%
中国本土株指数(旧H株指数) 8530.25 +161.24  +1.93%
レッドチップ指数        4123.14 +46.47 +1.14%

 12日の香港マーケットは、日本時間の午前10時40分現在、主要指標のハンセン指数が反発している。インフレ高進の警戒感が後退し、投資家のリスク選好が強まる流れ。朝方公表された昨年12月の中国物価統計では、消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)の上昇率がそれぞれ、予想以上に前月から鈍化した。また、米国で一段の金融引き締めに対する懸念が薄れ、米10年債利回りの上昇が一服したことも好感されている。
 個別では、石油生産大手の中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が7.0%高。同社は11日引け後、2022〜24年の配当性向が40%を下回らないことを公約したほか、2021年通期に上場20周年の記念配当を実施する計画を明らかにした。ほか、主要銘柄の値上がり率は、京東集団(JDドットコム:9618/HK)が7.7%、美団(メイトゥアン:3690/HK)が5.3%、薬明生物技術(ウーシー・バイオロジクス:2269/HK)が5.2%、安踏体育用品(ANTAスポーツ・プロダクツ:2020/HK)が3.9%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース