/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2022/08/05 16:37

中国大引:上海総合1.2%高で続伸、半導体セクターに買い 無料記事

 5日の中国本土マーケットは、主要指標の上海総合指数が前日比37.99ポイント(1.19%)高の3227.03ポイントと続伸した。
 前日の好地合いを継ぐ流れ。台湾を巡る米中緊張の過度な警戒感後退や、中国の産業支援策に対する期待感などが支えになっている。米金融政策に大きな影響を与える米雇用統計の発表を今夜(日本時間)に控え、指数は上値の重い場面がみられたものの、引けにかけて上昇の勢いを増した。(亜州リサーチ編集部)
 業種別では、半導体の上げが目立つ。パワー半導体の杭州士蘭微電子(600460/SH)と半導体モジュール設計・生産の嘉興斯達半導体(603290/SH)がそろってストップ(10.0%)高、LED基盤・チップ中国最大手の三安光電(600703/SH)が8.3%高、半導体装置メーカーの吉林華微電子(600360/SH)が5.8%高で取引を終えた。米国では、中国に対抗する半導体産業支援法案が成立する見込み。中国政府は自国産業の振興に一段と注力する。
 医薬品株も高い。人福医薬集団(600079/SH)が7.7%、江蘇恒瑞医薬(600276/SH)が3.6%、健康元薬業集団(600380/SH)が2.4%、上海医薬集団(601607/SH)が1.8%ずつ上昇した。
 金融株もしっかり。招商銀行(600036/SH)が1.9%高、中国人寿保険(601628/SH)が1.2%高、中信証券(600030/SH)が2.4%高で引けた。公益株、不動産株、素材株、運輸株、食品飲料株なども買われている。
 半面、軍事関連株はさえない。軍用電子機器などを製造する中国海防(600764/SH)が2.7%安、航空宇宙製品の江西洪都航空工(600316/SH)が2.3%安、航空用エンジンメーカーの中航動力(600893/SH)が1.7%安と値を下げた。エネルギー株、自動車株も売られている。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が1.15ポイント(0.38%)高の301.88ポイント、深センB株指数が2.94ポイント(0.24%)高の1247.48ポイントで終了した。




内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース