/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/04/01 09:01

底堅い展開か、米ハイテク株高が支えに 無料記事

◆1日の香港マーケットは、米ハイテク株高を支えに底堅い展開か。(亜州リサーチ編集部)
 外部環境はそれほど悪くない。昨夜の米株市場は、主要指標のNYダウが前日比0.3%安と続落したものの、ハイテク株比率の大きいナスダック指数は1.5%高と3日ぶりに急反発した。機関投資家がベンチマークとして重要視するS&P500指数は0.4%高。一時0.9%上昇し、取引時間中の史上最高値を更新した。労働市場の安定が相場を支える。今年3月のADP全米雇用リポートでは、(政府部門を除く)非農業部門の雇用者数が予想ほどではなかったものの、前月から伸びが大幅に加速した。新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいることもあり、景気回復の期待が持続している。また、バイデン米政権がまとめた約2兆2500億米ドル規模のインフラ投資計画に関しては、半導体の国内生産や人工知能(AI)の研究開発なども盛り込まれた。恩恵を受ける銘柄群に物色の矛先が向かっている。3月相場をけん引したシクリカル(景気敏感)銘柄を売り、出遅れていたハイテクなど高PERのグロース(成長)株を買う動きが活発化した。
 一方、内部的には新規の取引材料に乏しい。香港では、主要な中国企業の決算報告が前日までに一巡した。また、香港市場はあす2日から6日まで、イースターや清明節で休場となる(本土市場は5日が休場)。
 こうした中、本日の香港・本土マーケットは全体として底堅い展開か。上述したように、米ハイテク株高が好感されそうだ。ただ、連休を前に様子見ムードが漂う可能性もあろう。
 なお本日は、取引時間中(日本時間10時45分ごろ)に今年3月の財新中国製造業PMI(民間集計)が公表される予定。事前の市場コンセンサス予想では、2月の50.9から51.4に上昇する見込みだ。先行して前日に発表された中国製造業PMI(国家統計局などが集計)は51.9となり、市場予想(51.2)以上に2月実績(50.6)から改善している。



内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース