/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/03/11 09:13

しっかりか、内外で政策期待が高まる 無料記事

◆11日の香港マーケットは、内外の政策期待を支えにしっかりとした展開か。(亜州リサーチ編集部)
 外部環境は安定的。昨夜の米株市場では、主要指標のNYダウが前日比1.5%高と4日続伸し、史上最高値を2週ぶりに更新した。ハイテク株比率の大きいナスダック指数は0.04%安と反落したが、高く推移する場面もあり、下げは限定されている。米景気の持ち直し期待が高まった。米下院は10日、新型コロナウイルス流行を受けた1兆9000億米ドル規模の追加経済対策法案を再可決。すでに上院は通過しているため、バイデン米大統領が12日に署名し成立する。物価統計の落ち着きもプラス。米労働省が10日公表した2月の消費者物価指数(CPI)は、市場予想の範囲内にとどまった。米10年債利回りは小幅ながら前日に続き低下している。企業業績の改善も刺激。米調査会社の最新データによれば、主要500社の21年予想増益率は23.9%となり、20年のマイナス12%から急速に切り返している。経済回復を見越し、景気敏感株が大幅上昇した。ただ、循環物色の流れが強まる中で、コロナ流行中に物色されたハイテク株の一角は売りに押されている。
 一方、中国国内では景気対策の期待感が再び盛り上がりそうだ。全国人民代表大会(全人代)が本日閉会し、李克強首相はその後に記者会見を行う予定だ。景気対策や金融政策に注目が集まろう。
 なお、昨日引け後に報告された今年2月の金融統計では、人民元建て新規融資とマネーサプライM2が市場予想を上回った。新規融資は過去最大だった前月からはやや縮小したものの、2月としては過去最高を記録している。
 こうした中、本日の香港・本土マーケットは全体としてしっかりとした展開か。米中の政策期待が相場を支えよう。また、上述したように、金融統計が上振れたことも好材料だ。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース