/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/03/26 08:44

しっかりか、米景気期待が支えに 無料記事

◆26日の香港マーケットは、米景気期待でしっかりか。(亜州リサーチ編集部)
 外部環境はややポジティブ。昨夜の米株市場は、主要指標のNYダウが前日比0.6%高、ハイテク株比率の大きいナスダック指数が0.1%高とそろって3日ぶりに反発した。米景気期待が強まる中、景気敏感株が買われ全体相場を支えている。バイデン米大統領は25日、就任後としては初めての記者会見に臨み、新型コロナウイルスのワクチン接種を4月末までに2億回とする新目標を明らかにした。従来目標の1億回から倍増する。経済活動の早期正常化が期待された。労働市場の回復も鮮明化。米労働省が25日発表した新規失業保険申請件数(週間)は、予想以上に前週から減少した。約1年ぶりの低水準となっている。
 一方、内部的には材料不足の状況が続く。重要経済統計の発表は、月末31日の3月製造業PMIまで予定されていない。香港では、主要企業の決算発表が佳境を迎えている。本日は、中国工商銀行(1398/HK)や中国建設銀行(939/HK)、交通銀行(3328/HK)、中国太平洋保険(集団)(2601/HK)、美団(3690/HK)、青島ビール(168/HK)、中国石油化工(386/HK)、天能動力国際(819/HK)、龍湖集団HD(960/HK)、大唐国際発電(991/HK)、中国神華能源(1088/HK)、華晨中国汽車HD(1114/HK)、エン州煤業(1171/HK)、華潤燃気HD(1193/HK)、新疆金風科技(2208/HK)、上海医薬集団(2607/HK)、上海電気集団(2727/HK)、中国建材(3323/HK)、新疆新キン鉱業(3833/HK)などが期末決算を報告する予定だ。
 こうした中、本日の香港・本土マーケットは全体としてしっかりとした展開か。上述したように、米国の景気期待が投資家心理を上向かせそうだ。また、業績動向を手がかりにした選別物色もみられよう。前日公表された主な決算では、馬鞍山鋼鉄(323/HK)が76%増益、創維集団(スカイワース・グループ:751/HK)が93%増益、中国水発興業能源集団(旧社名・中国興業太陽能技術HD:750/HK)が黒字転換、中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)が14%減益、中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が59%減益、中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が58%減益、広州汽車集団(2238/HK)が10%減益、華虹半導体(ファホンセミコンダクター:1347/HK)が39%減益などとなっている。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース