/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/10/29 08:58

方向感を欠く展開か、決算動向を見極め 無料記事

◆29日の香港マーケットは、決算見極めで方向感を欠く展開か。(亜州リサーチ編集部)
 外部環境は安定的。昨夜の米株市場は、主要指標のNYダウが前日比0.7%高と反発し、ハイテク株比率の大きいナスダック指数は1.4%高と大幅に4日続伸した。ナスダック指数は1カ月半ぶりに史上最高値を更新している。好業績銘柄の物色が相場を押し上げた。米主要企業の決算報告が進む中、この日は、建機のキャタピラーや製薬のメルクなどが予想上振れで大幅に上昇している。米経済指標では、7〜9月期GDP成長率が予想を下回ったものの、新規失業保険申請件数(週間)が予想以上に前週から減少した。新型コロナウイルス感染が大流行した2020年3月以来の低水準を記録したことで、雇用情勢の改善が進んだと好感されている。なお、取引終了後にアップルとアマゾンが決算発表し、それぞれ予想を下回った。時間外取引では両社の株価が急落している。
 一方、中国国内の環境はやや不透明。コロナ感染拡大が不安視されている。各地で行動規制が強化される中、経済回復ペースの鈍化も警戒される状況だ。また、石炭価格の下落基調も資源株にとってのマイナス材料。鄭州商品取引所の石炭先物価格は、先週19日に付けた過去最高値(1982.00人民元)から、28日は1041.00人民元まで下落している。
 他方、香港(中国)では主要企業の四半期決算発表が終盤を迎えた。本日は鞍鋼(347/HK)や中国中鉄(390/HK)、中国東方航空(670/HK)、中国国際航空(753/HK)、中国建設銀行(939/HK)、重慶鋼鉄(1053/HK)、中国南方航空(1055/HK)、東方電気(1072/HK)、中遠海運能源運輸(1138/HK)、エン州煤業(1171/HK)、中国鉄建(1186/HK)、中遠海運港口(1199/HK)、中国工商銀行(1398/HK)、中国交通建設(1800/HK)、中遠海運HD(1919/HK)、中国民生銀行(1988/HK)、広州汽車集団(2238/HK)、長城汽車(2333/HK)、イ柴動力(2338/HK)、中銀香港(2388/HK)、中遠海運発展(2866/HK)、中国建材(3323/HK)、交通銀行(3328/HK)、中国銀行(3988/HK)などが報告する。
 そのほか、週末31日に10月の製造業PMI(国家統計局などが集計・発表)が公表される予定だ。
 こうした中、本日の香港・本土マーケットは全体として方向感を欠く展開か。昨夜の米株高は支えとなりそうだが、内部環境の不透明感が重しとなりそうだ。引き続き決算動向を見極めながらの値動きとなろう。前日引け後に発表された注目の決算では、比亜迪(BYD:1211/HK)が7〜9月期に28%減益だった。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース