/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/06/24 08:55

上値の重い展開か、手がかり材料難 無料記事

◆24日の香港マーケットは、手がかり材料難で上値の重い展開か。(亜州リサーチ編集部)
 外部環境はやや不透明。昨夜の米株市場はまちまちの展開だった。主要指標のNYダウは前日比0.2%安と3日ぶりに反落。一方、ハイテク株比率の大きいナスダック指数は0.1%高と3日続伸し、小幅ながら史上最高値を更新した。この日公表された経済指標は強弱感が分かれる内容。IHSマークイットが23日公表した6月の米製造業景況感指数(PMI)は62.6となり、過去最高を記録した半面、同月の米新築住宅販売は予想外に減少した。また、物価上昇に対する警戒感もくすぶる。米連邦準備理事会(FRB)の当局者2人は23日、米国のインフレ高進が予想以上に長引く可能性を指摘した。これに先立つ22日、パウエルFRB議長は「インフレは一過性」との認識を示している。
 一方、中国国内には目立った手がかりがない。中国では先週までに5月経済統計の発表がほぼ一巡した。週末27日に5月工業企業利益、来週30日に6月製造業PMIが公表される。
 こうした中、本日の香港・本土マーケットは全体として上値の重い展開か。中国の長期金利低下や原油や非鉄の商品市況高は好感されそうだが、それ以外に相場を大きく動かす材料には乏しい状況だ。また、米中対立の激化懸念も続いている。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース