/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/10/26 08:48

しっかりか、企業決算に期待感 無料記事

◆26日の香港マーケットは、内外の決算期待でしっかりとした展開か。(亜州リサーチ編集部)
 外部環境は安定的。昨夜の米株市場は、主要指標のNYダウが前営業日比0.2%高と続伸し、連日で史上最高値を更新している。ハイテク株比率の大きいナスダック指数は0.9%高と反発した。また、機関投資家がベンチマークとして重視するS&P500指数は0.5%上昇し、最高値を切り上げている。決算期待が相場を押し上げた。調査会社リフィニティブの最新リポートによれば、米主要500社の第3四半期は利益が前年同期比で34.8%増加する見通し。また、これまでに四半期決算を発表した企業のうち、利益がアナリスト予想を上回った割合は80%を超えている。今週は「GAFA」と呼ばれる主力IT関連(グーグルの持株会社アルファベット、アップル、フェイスブック、アマゾン)が業績を発表する予定だ。米財政政策の期待感も高まる。バイデン米大統領が注力する教育支援や気候変動対策などの大型歳出法案について、与党・民主党内で合意が近いとの見方が広がった。個別では、電気自動車(EV)のテスラと動画配信のネットフリックスがそれぞれ上場来高値を更新している。
 一方、中国国内の環境は好悪材料が入り混じる状況。中国人民銀行(中央銀行)が資金供給を続けていることはプラスだ。人民銀は25日、リバースレポ取引を通じ、満期到来分との差引で1900億人民元の資金を市場に供給。先週後半は連日で差引900億人民元の資金供給を実施していたが、さらに増額されている。他方、不動産引き締めの動きや新型コロナウイルス感染の再拡大は懸念材料だ。
 なお、香港(中国)では主要企業の四半期決算発表が進んでいる。本日は万洲国際(288/HK)や馬鞍山鋼鉄(323/HK)、ASMパシフィック・テクノロジー(522/HK)、華能国際電力(902/HK)、華電国際電力(1071/HK)、江西カン鋒リ業(1772/HK)、新疆金風科技(2208/HK)、中国アルミ(2600/HK)などが報告する予定だ。
 こうした中、本日の香港・本土マーケットは全体としてしっかりとした展開か。中国の不動産引き締めやコロナ感染拡大など不安材料はあるものの、好業績銘柄の物色が支えとなろう。米企業と同様に、中国企業にも好決算が相次いでいる。



内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース