/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/08/19 08:53

米株安で上値の重い展開か、業績動向による選別物色も 無料記事

◆19日の香港マーケットは、米株安が重しとなる展開か。(亜州リサーチ編集部)
 外部環境はややネガティブ。昨夜の米株市場は、主要指標のNYダウが前日比1.1%安と続落し、ハイテク株比率の大きいナスダック指数が0.9%安と3日続落している。新型コロナウイルス感染拡大の不安が続いたほか、年内のテーパリング(量的緩和の縮小)開始が警戒された。米連邦準備制度理事会(FRB)がこの日公開した米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月開催分)では、多くのメンバーが「資産購入ペースの縮小を年内に始めることが適切」との判断を示していたことが判明。今月下旬のジャクソンホール会議(各国の中央銀行関係者が集まる国際経済シンポジウム)や、9月開催のFOMCを経て、テーパリングに向かうとの観測が広がった。
 一方、中国国内では景気対策に対する期待感が高まっている。内外で経済回復ペース鈍化が懸念される中、景気腰折れを回避するため、中国当局は金融・財政政策を積極化するとの見方だ。市場関係者の一部は、「中国人民銀行は10〜12月にかけて預金準備率を再び引き下げる」とみている。
 こうした中、本日の香港・本土マーケットは全体として上値の重い展開か。中国の政策期待は続いているものの、米国の金融緩和縮小が売り材料視されそうだ。ただ、業績動向に着目した物色はあろう。香港・中国では主要企業の中間決算報告が本格化している。インターネットサービス中国大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が昨日引け後に公表した中間決算は46%増益。4〜6月期では純利益が28.6%増加し、市場予想を上回っている。また、本日は中国聯通(チャイナ・ユニコム:762/HK)、中国海洋石油(883/HK)、中信証券(6030/HK)、ビリビリ(9626/HK)、あす20日は華潤電力HD(836/HK)、国薬HD(1099/HK)、華潤燃気HD(1193/HK)、中国人民保険集団(1339/HK)、新疆金風科技(2208/HK)、中国人民財産保険(2328/HK)、洛陽欒川モリブデン集団(3993/HK)などが中間決算発表を予定している。



内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース