/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2022/08/24 09:00

内外の不安材料で上値の重い展開か、業績動向で選別物色も 無料記事

◆24日の香港マーケットは、内外の不安材料で上値の重い展開か。(亜州リサーチ編集部)
 外部環境は依然として不透明感がくすぶる。23日の米株市場は、景気悪化と金融引き締め警戒で、主要指標のNYダウが前日比0.5%安と3日続落した(ハイテク株比率の大きいナスダック指数も0.002%安と小幅ながら3日続落)。この日公表された経済指標では、8月の米総合購買担当者指数(PMI)速報値が前月から低下し、2年3カ月ぶりの低い水準となっている。また、7月の米新築住宅販売は予想以上に減少し、約6年半ぶりの低水準となった。米10年債利回りの上昇基調も強まっている。パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事長は26日、今週末(25〜27日)のジャクソンホール会議(各国の中央銀行関係者が集まる国際経済シンポジウム)で講演する予定。インフレ抑制のため、積極的な利上げを支持するスタンスを改めて示すと予想されている。
 一方、内部的には、電力需給のひっ迫が懸念材料。猛暑による電力不足で、一部地域の計画停電は延長され、工場の稼働停止や商業施設の時間制限が実施されている。経済活動の停滞が危惧される状況だ。
 こうした中、本日の香港・本土マーケットは全体として上値の重い展開か。前日はハンセン指数が続落し、約3カ月半ぶりの安値を付けたとあって、自律反発狙いの買いが入る可能性はあるものの、上述したように、米金利動向や中国経済の不透明感が投資家の買い意欲を抑えよう。主要な中国企業の決算報告が香港で佳境入りする中、目先は、業績動向に着目した物色か。本日は、中国海外発展(688/HK)や石薬集団(1093/HK)、中国東方教育HD(667/HK)、瑞声科技HD(2018/HK)、中国蒙牛乳業(2319/HK)、碧桂園服務HD(6098/HK)、江西金力永磁科技(6680/HK)、農夫山泉(9633/HK)、あす25日は、中国石油天然気(857/HK)や中国海洋石油(883/HK)、青島ビール(168/HK)、江西銅業(358/HK)、安徽海螺水泥(914/HK)、AIAグループ(1299/HK)、中国中煤能源(1898/HK)、申洲国際集団HD(2313/HK)、中国電力国際発展(2380/HK)、中国人寿保険(2628/HK)、中海油田服務(2883/HK)、衆安在線財産保険(6060/HK)などが中間業績を公表する予定だ。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース