/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2020/11/12 08:56

方向感を欠く展開か、米ハイテク株高と中国金融統計下振れが綱引き 無料記事

◆12日の香港マーケットは、米ハイテク株高と中国金融統計が綱引きとなり方向感を欠く展開か。(亜州リサーチ編集部)
 外部環境はそれほど悪くない。昨夜の米株市場では、主要指標のNYダウが前日比0.1%安と3日ぶりに反落したものの、ハイテク株比率の大きいナスダック指数は2.0%高と3日ぶりに急反発した。足もとで急ピッチに上昇していた景気敏感株が利食い売りに押される一方、ハイテク株には見直し買いが入っている。新型コロナウイルスワクチン普及の期待は続いたが、欧米で新型コロナ感染再拡大に歯止めがかからず、「巣ごもり消費」はしばらく続くとの見方が広がった。米国では10日まで、7日連続で1日当たり新規感染者数が過去最多を更新。英国政府は11日、コロナ感染による死者が初めて5万人を突破したことを明らかにした。英国の首都ロンドンでは外出制限が続き、米NY州のクオモ知事は11日、飲食店の営業規制を再び強化すると発表している。
 一方、11日の本土株市場は、主要指標の上海総合指数が0.5%安と続落。資金流出が警戒された。中国・香港間の相互取引スキームを通じた10日の売買では、香港経由の深センと上海を合わせた本土株売買が今月に入り初めて売り越しとなっている。
 なお11日夕に10月の中国金融統計が発表され、人民元建て新規融資が前月実績から大幅に縮小し、市場予想を下回ったことが分かった。
 こうしたなか、本日の香港・本土マーケットは全体として方向感を欠く展開か。米ハイテク株高や原油・非鉄の市況高がプラス材料となる半面、金融統計の下振れはマイナス材料となる。売り買いが交錯しそうだ。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース