/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2022/10/26 09:03

買い先行か、人民元安の一服を好感 無料記事

◆26日の香港マーケットは、人民元安一服を好感した買いが先行する流れか。(亜州リサーチ編集部)
 外部環境は良好。25日の米株市場では、米長期金利の低下を手がかりに、主要指標のNYダウが前日比1.1%高、ハイテク株比率の大きいナスダック指数が2.3%高とそろって3日続伸した。低調な米経済指標の内容を受け、「米連邦準備理事会(FRB)は12月以降の利上げ幅を縮小する」との見方が強まっている。10月の米消費者信頼感指数は予想に届かず、3カ月ぶりの低水準に落ち込んだほか、同月のリッチモンド連銀製造業景況感も予想以上に悪化した。米債券市場では、10年債利回りが急速に低下している。
 中国国内の環境もそれほど悪くない。国務院(内閣に相当)は25日、民間事業の促進に向け、融資の優遇策などを公表した。また、新型コロナウイルス感染を徹底的に封じ込める「ゼロコロナ」政策は近く緩和される――との観測も流れている。中国政策運営の不透明感も徐々に薄れる格好だ。
 人民元安進行も一服。外国為替市場で対米ドルのオフショア人民元は、2010年以来の安値を再び更新していたが、26日朝方にかけて元高の動きが加速している。
 こうした中、本日の香港・本土マーケットは買い先行しそうだ。米株高に加え、人民元安の一服が投資家心理を上向かせよう。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース